戦略的日記

平成生まれのリアルアラサーが考える議事録。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えしてみて思ったことその3

  ソフトバンクから同じソフトバンクグループのワイモバイルに乗り換えをした。今後ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えするユーザー向けにできる有益なことを発信できるような記事を書いてみようと思う。

 

f:id:ao90001125:20190705180004j:plain

 

ソフトバンクからワイモバイルだと値引きが少ない。

 

 

9000ao1929.hatenablog.jp

 

 

 

9000ao1929.hatenablog.jp

 

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えだと請求や大本が、

ソフトバンクということもあるので端末の値引き金額が少ない。

 

金額が少ないというは、

新規/MNP(docomo,au,その他の同じdocomo系、au系の格安SIM)であれば、

ワイモバイルの中では実質金額0円のものが多い。

 

ただソフトバンクからの乗り換えだと(ソフトバンクからワイモバイルだとMNPではなく番号移行という)の場合だと、実質負担0円の機種がないものが多い。(端末分離型プランがでているので機種代金から値引きされるのは、たぶんそろそろ終わると思うが)

 

 

最安でも540円は機種代金がかかる。

しかもおそらくプランとしても、MプランやLプラン限定のものが多い。

 

Sプランの場合だと機種代金の値引きが少ない

 ワイモバイルの一つの特徴がある。

それは、M・Lプランの端末値引きの金額とSプランの端末値引きの金額が違うことだ。

 

具体的にはどういうことか書いてみようと思う。

 

例えばワイモバイルのiPhone7で32GBの場合。

Mプランの場合だと、以下のとおりである。

f:id:ao90001125:20190705185655p:plain

 

10分間の通話かけ放題、データ定額9GB、本体代金も入って、4622円で利用することができる。

 

そしてこれが、Sプランの場合だと、

 

f:id:ao90001125:20190705185800p:plain

 

 

10分間の通話かけ放題、データ定額3GB、本体代金も入って、4082円で利用することができる。

 

あれ?と思う方が多いだろう。

 

本来ワイモバイルの場合だとSプランとMプランの場合だと、基本料金が1000円違う。

 

月額割引がキーになる。

ただ機種代金の実質負担金がキーになる。

 

Sプランの場合だと、分割負担金が3024円⁻月額割引540円=実質負担金2484円

Mプランの場合だと、分割実施金が3024円⁻月額割引1080円=実質負担金1944円

 

ということで、実質負担金が540円しか変わらないので、

毎月の料金も540円しか変わらないのである。

 

でしかも最初からSプランを選ぶとなると実質負担金も2484円のままになってしまうので、これをギガ数が少なくてMプランにあげても実質負担金は、変わらないので非常に注意点である。

 

そうなるとSプランとMプランでデータ定額が6GB違うわけだ。

540円で6GB違うのであれば保険的な意味合いで、Mプランで使うのも一つの手であろう。

 

さすが収益的な意味で同じソフトバンクグループでは、値引きが違うソフトバンクからのお乗り換え。

収益的なところでもワイモバイルで買えるのも一つの手ではあるが、金額が変わらないなぁと思う方は、そういったところでも注目するのもありだろう。

 

まとめ

ソフトバンクからワイモバイル乗り換えだと新規/MNPと比べて割引の金額が少ない。

 ただ根本となる料金は非常に安くなると思うので、そこは度外視して料金を安くするのも一つの手である。

 

ソフトバンクからワイモバイルにお乗り換えを考えている方は、ぜひともそこの割引の金額を考えて検討していただきたい。

 

契約の盲点?SoftbankAirを解約する場合の注意事項を確認してみよう。

 工事がいらないwifiとして有名なSoftbankAirというのは聞いたことはあるだろうか?私も利用しているが、実際に使ってみての契約の盲点を見てみようと思う。

 

f:id:ao90001125:20190711173603p:plain

 

 

 工事いらずのおうちのwifi

 

 

お家のWifiとなると皆さんは『光』というものをイメージするものだろう。

多くは、NTTのフレッツ光を使う人が多い。そこからコラボレーション光に使う人も多く、大手キャリアのdocomoauSoftbankなどの光サービスを使う人が大半である。

 

 

そして工事不要のWifiに関しては、ワイモバイルやwimax等ではある持ち運びができる、『Pocketwifi』などもあり手軽さがある。

 

そしてこのSoftbankAirに関しては光サービスと、Pocketwifiの中間ぐらいのイメージを持っていただけるとイメージしやすいだろう。

SoftbankAirのメリットは以下の通りである。

 

  • 使えるエリアで入っていれば即日で使える
  • 工事が不要。
  • Pocketwifiのような3日10GBという通信制限はない

 

やはり使い勝手は、非常に良いものだろう。

 

f:id:ao90001125:20190711193349j:plain

画像がSoftbankAirである。(写真もっと良いものがあるだろう・・・)
私も実際に使っている。

置くスペースは、そんなにとらない。大きさは牛乳パックぐらいの大きさ、場所ぐらい。

私がおいているスペースとしては、テレビの下に違和感なく置いている。

場所をとらないのも魅力的な一つであるだろう。

 

SoftbankAirが合わないケースとは?

ただ手軽さが魅力のSoftbankAirではあるが、SoftbankAirよりも光サービスが合う場合もある。

 

個人的な所感ではあるが、オンラインゲームとか行う場合だ。

 

SoftbankAirで、任天堂Switchのオンラインゲームを行ったが何回か、wifiがうまく接続できずショートしてしまうケースが多々ある。

XBOXでも行ってみたがやはり同じような症状がでてしまう。

 

ラグが生まれ、映像が止まってしまうことが多いので個人的には、そういうものに適さないと感じるものだ。

 

 契約プランが複雑なSoftbankAirをみてみる。

そして本題のSoftbankAirの契約内容を見てみようと思う。

 

分割購入の場合

基本料金・・・4880円(税別)

SoftbankAir機種代金・・・58320円(一括購入の場合)

そして分割購入場合だと1620円×36回の分割となる。

月額割引・・・⁻1620円×36回の割引

 

そしてご利用いただいている携帯会社によって割引額が変わってくる。

携帯会社のよって割引金額が違う

携帯がSoftbank、Ymobileの場合・・・割引金額̠₋500円×12か月

携帯がSoftbank、Ymobile以外の場合・・割引金額₋1000円×12か月

 

携帯会社がSoftbankグループ以外のもの方が、割引金額が多いように見えるが、

Softbank、Ymobileのスマホを使っている方であればスマホ側に

最大1000円の割引(※プランによる)が入るので実質の負担で考えると

(当然かもしれないが)Softbank、Ymobileのスマホを利用している人が割引が多い。

 

複雑なところは契約年数と分割年数の違い。

SoftbankAirの契約は、携帯電話のスマホと同じ2年の契約である。

ただ機種代金の分割が3年で機種代金が払い終わるわけだ。

 

ここでもう少しひも解いてみよう。

 2年で解約をする場合

契約の更新月で解約の場合だと2年の更新ではあるので、解約手数料は0円で済む。

ただ、ただ、機種代金の分割が残り1年分残っているので更新のタイミングで、

解約をしてしまうと月額割引がなくなってしまうので、

残り1年分1620円×12か月=19440円分を払わないといけないのだ。

 

 3年で解約する場合

では、仮に分割が終わった3年目の段階で解約をする場合。

今度は機種代金の分割は終了しているので、1620円の分割は終わっている。

ただ今度は逆に契約の更新が2年間なので、今度は自動更新月以外の場合だと、

契約の解除料が発生する。

解除料が携帯と一緒なので、税込で10260円が発生するのである。

 

 

 となると、何もお金をかけずに解約できるとなると4年目となる。

 

長く利用する人はいいだろうが、ただ不満とか感じる方はそういったところで、

出費が発生するかもしれないので非常に注意点である。

 

まとめ

冒頭にあった通り光サービスを利用する人であれば、

一戸建てタイプだと5000円~6000円の維持費でスマホとの割引で実質負担は安くなる。

 

マンションタイプの光サービスであれば、料金的にはそこから1000円ほど安くなる。

 

SoftbankAirは、一戸建て、マンションなど住むタイプで料金が変わるわけではない。

ただ契約年数と分割年数が違うとなると非常に厄介なものになるので、契約する際には注意して契約していただきたい。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへにほんブログ村

 

2019年上半期を振り返ってみると散々な上半期だったのでみてもらいたい。

f:id:ao90001125:20190704202322j:plain

 

今年も上半期が終わり、下半期に突入した。

社会人生活5年目となるが、日に日に時間が過ぎるのが本当に早く感じる。

 

自分を振り返って今後に進む意味合いも含めて、振り返ってみようと思う。

 

1月

1月・・・特に覚えていない。仕事柄初売りがあり、今年は魔の元旦からの6連勤。さすが死にそうになった。自分が死なないためにもよく頑張ったと思う。よく食べて、よく寝てという感じでやれることをやった感じがする。

 

2月

2月・・・仕事柄出張が多く、出張先で過呼吸になることが非常に多くなった。解離性障害の病気をもつようになってからは、不安になりホテル生活をずっと行った影響で、体にガタが来たのであろう。なかなかあの時は、精神的にしんどかった。眠れないし、手足は冷たいし、よく生き延びていたと思う。

 

3月

3月・・・前記した通り出張生活を3年間送っていた結果体に支障ができたので、さすがにまずいと思い部署移動をお願いした。その結果として4月からは、無事に出張がない部署に異動ができ個人的にも非常に楽であった。

とにかく3月は、ブログを始めたこと(正確に言うと再開したこと)SNSに腰を据えたこととなっている。

 

4月

4月・・・部署移動したわけだが、無事にうまく順応しました。ただ今度は、記憶障害、パニック障害がまた再発。仕事は欠勤せずにしてはいましたが、なかなか自分の体が言うことを聞かない事態に。難しいものです、自分自身が。

ただ書くことで自分を落ち着かせているので、ブログの毎日更新でメンタルが落ち着くという事態でこざいます。

なんか代わり映えのない生活・・・・

 

 

5月

5月・・・令和元年!今度はプライベートのトラブルが絶えません。クラウドワークス内でクライアントとトラブルが起きてしまい、その結果ひと悶着。ただそれは、結果として自分をだますための行為だったという。要は、詐欺です。詐欺。だって、脅されたらいくら身長が187センチの人間でもびっくりしますって。

 

6月

6月・・・5月同様プライベートトラブルでまだ問題が解決できず、消費者センターと弁護士相談。SNSには、勝手に自分の写真があげられるなどなど。

もうなんというか、笑うしかない感じですはい(笑)

ただ、ツイッターのフォロワーも1000人を超えはじめ、Adsenseの収入も3000円を超えというちょっとずつ嬉しいことが起き始めたのがよかったと思います。

 

 

まとめ

しかし、上半期を振り返ると・・・・

ロクなことがない自分だなぁ。(笑)

改めて振り返るとトラブルが多き年の上半期ですね。

今年はそういう年なのかもしれないです。

下半期はまずはトラブルなく年末を迎えれるように頑張ります。

 

クラウドワークス内でのトラブル記事は、また今度書こうと思います。

 

では、アオでした!