戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

借金をかかえたときの自分の心情を書いてみようと思う。

   

 

お金が身近にあるとやはり人間って変わってしまうもの。恥を承知の上で、大金を持ってしまったときの自分の心情を書いてみようと思う。

 

ネットワークビジネスで300万の借金を背負うようになった自分。

借金に関しては、自分がしてしまったことなので自己反省しているが、

ただやはりなんというか自分自身がみじめに感じてしまう。

 

 

大金を持ってしまうと大きく出てしまう。

当時思ったことを赤裸々に書いてみようと思う。

まず40万借金をしてさてどうしようとなったさいに、身内から借りるとなると面倒なことになるので、アイフルとプロミスからお金を借りることにした。

 

そこである程度の金額がそろったところで個人的に安心する。

 

アイフルとプロミスからお金を借り、バリバリのリボ払いで料金が一定。

そして自分の支払いでお金が減ることがそんなになく、少し精神的に安定する。

 

 

勘違いしたのか、自分余裕じゃんと思ってしまう。

『お金に余裕。お金に余裕。お金に余裕・・・・・』

 

 

頭に借金をしたことが片隅から消えてしまい、結局お金に余裕がある自分と勘違いしてしまう。

 

そしてまた借金をした際にお金を借りて、返済額も一定だからある程度大丈夫だろうと思いまた借りてしまう。

 

そして気が付いたらの300万である。

 

その時の自分は、『あれ。いつのまにこんなに抱えるようになったのか。』

ってここで本格的にやばいのではと焦る。

 

気が付いたらなくなっていたお金。もう限度額いっぱいの自分。

 

『あれ、これって絶対絶命じゃね?』

 

どうしようと不安という不安が最高潮になっていた気がした。

 

 

借金をする人の特徴リストを見ると。。

f:id:ao90001125:20190607213004p:plain

 

検索ワードで『借金 特徴』と検索してみる。

そうしてみると、やはり借金をする人の特徴がみえてくる。

 

自分の場合、パチンコやたばこはしない人間なので、ギャンブル系での問題はあまり考えられない。

 

この中で最初に書いてある、NEVERまとめを見てみた。

そして借金をする人の特徴というページがあり、そこをみてみると下のほうに、

『浪費癖があったり自分がどのぐらい稼いでいるのか。どのぐらい使っているのかわかっていない』というところを見て、自分に少し当てはまっているなぁと感じたものだ。

 

 

お金って怖い。なんでお金に遊ばれている自分がいてなさけない。みじめに感じるものだ。

 

まとめ

思いのほかお金って怖いって今も思う。

借金をしてから財布の中にあるお金をみて、『そのお金って俺返さないといけないやつやん』って自分を突っ込んでしまう日々だ。

 

けど、淡々と生きているわけだからコツコツと借金を返済できるようにするのが今の目標である。

 

何かと頑張っていきたい。