戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

【支払い不可?】債務整理中に支払いができなくなった場合どのような対応になるのか?

 

 私自身債務整理をおこなっているのですが、8月からは無職になります。8月からお金がなく支払いができなくなった場合の対応を聞いてみました。

 

f:id:ao90001125:20190730112402j:plain

 

 

 そもそも債務整理とはなんだろうか?

債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金のある生活から解放されるための手続のことです。

債務整理の手続には、1)過払い金請求、2)任意整理、3)民事再生、4)自己破産、という4つの手続があります。弁護士に、債務整理の手続をご依頼いただくことで、その後の支払や取立を直ちに止めることもできます。

また、ヤミ金融ヤミ金)とは知らずにお金を借りてしまった方のトラブル対応も承っております。

 引用:アディーレ法律事務所

 

私の場合消費者金融からお金を借りたのですが、返済するのに非常に困りました。

理由は、消費者金融の返済にプラスして、お利息がつくからです。

 

利息が付く場合、返済の金額に15%~18%の利息が付く場合が多いです。

 

利息ってどのぐらいの影響力があるのか?

私の実体験をもとに書いてみます。

プロミスで100万円。24か月返済で考えていました。簡易シミュレーションをすると以下の通りになります。

 

f:id:ao90001125:20190730114322p:plain

 

年率が17.8%ということで、利息が返済とともにその分上乗せされるわけです。

毎月の返済金額は、49,827円と一律ではありますが、詳細の金額を見ると以下の通りになるわけです。

 

f:id:ao90001125:20190730114259p:plain

 

 元金に占めているお金と利息の割合というのが、最初は7:3の割合となっています。

利息だけで、最初は約15,000円ってバカらしいですよね?

消費者金融で借りるというのは、非常に怖いもので返済をできているのですがなかなか元金が減らないものです。

 

私もそれに嫌気をさして、債務整理をおこないました。

 

債務整理にも何種類ある。

私の場合は任意整理をおこなっている。

私の場合は、任意整理をおこなっています。

債務整理に関しては、何種類からありまして、個人再生、自己破産などもあります。

ただ任意整理とその2つとの違いに関しては、

 

・家やクレジットカード、車などを手放す必要がある。

・弁護士を通してやり取りが必要となる。

 

借金がリセットされるので、0円になるのですがその分失うリスクも非常に高いものです。

 

その点任意整理に関しては、

 

・借金に関してはリセットではなく利息分カット

・やりとりは自分ではなく弁護士と債務者が行ってくれる

・家、クレジットカード、車などの自己所有のものを手放す必要がない

 

ここ関してが非常に大きいものです。

私自身も正直、クレジットカードや車なども手放すのは生活に支障が出るレベルだったので、任意整理をおこなうようお願いしました。

 

任意整理をしても普通に生活は送れていますので、全然問題なくやれています。

 

債務整理中に関して支払いができなくなった場合の対応

そして本題です。

個人として、債務整理をおこなっているのですが8月からはお金がなく支払うのが難しい状況になってしまいます。

 

今はまだ大丈夫ではありますが、電話で直接聞いて支払いができなくなった場合のことを聞いてみました。

 

基本的には支払いができなくなった場合は一括請求となる。

結論から言いますと、契約が切れてしまい一括で残り分を請求される形になります。

 

自分:『お伺いしたいことがあるのですがよろしいでしょうか?』

 

法律事務所:『はい』

 

自分:『債務整理中に支払いができなくなった場合はどうすればよろしいでしょうか?』

 

法律事務所:『え。あ、少々お待ちください。』

 

(3分ぐらいまつ)

 

法律事務所:『基本的に一括請求となります。支払いができなくなりますと債権者からと契約もすぐになくなってしまいます。ですので、基本的にはそのまま払い続けるのであれば、分割でお金をご用意する必要があります。』

 

たしかに言われてみれば、そうです。

もともとお金が払い続けている中で、払えなくなって債務整理をしているわけですから。

 

一括請求となりますと、非常に私も怖いものです。

お金がないわけだからなどうしましょう。

 

打開策として考えられること

もうここで考えられることとしては、『身内からお金を借りる』ことしか打開策がないです。

 

もともとお金の管理が自分ができていなく、そのうえで何も計画性がないまま債務整理をおこなった人間です。

 

自分がやってしまったことに、後悔しても仕方がないので今後どうするかを考えていかなければいけない状況です。

 

ちなみ今現状借金が378万円あります。

 

母親からお金を借りる予定でありますので、そこでなんとか一時的な窮地を防ぐしかないのかなぁと感じています。

 

ちなみに私がおすすめしている法律事務所は、『杉山法律事務所』です。

 

 

高圧的なものでもなく親身に弁護士の方が相談していただける点と、

消費者金融も恐れる弁護士事務所ということで、自分も債務整理して利用しております。 

 

まとめ

26歳にして、無職になり、精神疾患になり、債務整理を2件を子なっている人ってなかなかいないですよね?

 

これからも自分らしく発信していければと思います。