戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

『なぜ』自分は借金をしたのか?なぜを繰り返してみて自分のことを考えてみる

 フォロワーさんのツイートをみて自分自身がいろいろと感じることがありました。なぜお金がたまらないのか、そしてなぜ借金をしたのかを改めて考えてみようと思います。

f:id:ao90001125:20190805155545j:plain

 <   /p>

①『なぜ』借金をしたのか?→自分の生活費の欲しさとMLMビジネスに投資してお金を資産がほしかったため。結果貯金を切り崩してしまって借金までしてしまったから

なぜ借金をしたのか。なぜ借金をしたのか。

MLMビジネスにはまってしまったことと生活費の欲しさについつい借金をしてしまった感じだ。

MLMビジネスについて

MLMビジネスに関しては、物販ビジネスの販売で初期投資をしてたしか40万円。そして代理店ビジネスに4.4万円+毎月のシステム料として7000円ずつを5か月間支払い続けていました。

 

物販ビジネス:あるポータブルサイトでお申込みして、

求人内容としては『必ず稼げる!物販販売ビジネス』みたいな感じで40万円を支払いしました。

 

B〇〇〇〇というところでやっていたのだが、正直これは自分が興味がないものにビジネスをしてしまったがために、あまり乗り気でもなく楽しくもなく自分から手を放してしまった感じがします。

 

いやあんまりおもしろくない感じがしました。なんかやっていても面白くないんですよ。

自業自得ですね、はい。

 

あとは、代理店ビジネス。

これに関しては正直だまされたところがありました。

裁判で訴えるぞと言われ、動揺してしまった結果で示談をするのか、その相手の人から代理店ビジネスをやるかと言われ結局値段やすさのために、代理店ビジネスをやることにしました。

 

これに関しては、後日また書こうと思います。

ただ、MLMビジネスで代理店のこのビジネスは本当に“えげつない”ところを感じました。

 

その相手も毎週会って、『人を紹介できねのーか(# ゚Д゚)』と恐喝まがいなことに嫌気を刺してしまった感じです。

 

生活費のため

どうしても自分は今はそうでもないのですが、前までは『お金が大金がないとダメ』という感じでした。

どういうことかと言いますと、財布の中に福沢諭吉が1枚以上は必ず入っていないと不安でしょうがないという感じです。

 

f:id:ao90001125:20190805161800j:plain

 

あとは『人に対していいように見られたい』という本当に愚かなところがあり、

よう見栄をはる形でした。

 

それにプラスして、クレジットカードのリボ払い。

これは社会人当初から。社会人になってお金に少し余裕が出てきて、最初は現金派だったのですが、ポイントサイトによるキャッシュバックにはまったところがあります。

 

クレジットカードに関しては、支払いが一括払いとリボ払いとありますが、

『毎月の支払い一定ならそれがいいやんけ』ということで、情弱で知識もない人間がまんまとはまってしまう感じですね。

 

自分が使っているリクルートカードのページですが、リボ払いってどこの会社も良いようにのっていますよね。ただもう一方で、リボ払いの手数料とかそういったものも載っていないのは、リボ払いの恐ろしさです。

いやのってはいるけど、小さく細かくといったほうが正確でしょうか?

f:id:ao90001125:20190805163242j:plain

 

 

そう自動リボにはまってしまい、結局お金がなかなか減らずに四苦八苦になりました。

そこにプラスして、MLMビジネスとリボ払いがプラスしてしどろもどろになり、

消費者金融に手を出すことしたわけです。

   

MLMビジネスとリボ払いにしどろもどろになって消費者金融に手を出すことにしたのか?→審査が非常に楽でスムーズにお金が“手に入る”と感じたから。

 

そして消費者金融からお金を借りるわけですが、なぜここまでしどろもどろしたのかというのも結局自分の生活水準を下げることができなくなったこともあるのかなぁと思います。

 

給料に対しての返済金額を見ると本当に毎月ギリギリ。もしくは赤字になるときもちらほら。

そこで考えたのが、借金を分散してしまっているがそこをひとつにまとめようとおもったわけです。

そこにプラスして、借りれる金額=返済をしなければいけないのもわかってはいましたが、まずはお金がほしさがあったので返済よりも借りることに重きを置いていました。

 

そこで最初は、カードローンを申し込みしました。

みずほとかりそなとかを申し込みしたのですが、やはり審査が通らず。

審査が通らないことに対して焦ってしまい、そのほかでお金を借りるとかはないかと思った結果消費者金融に手を出したわけです。

 

プロミスに最初は借り入れを行ったのですが、ただ後々気がついて思ったのが、

借りれる金額にも枠があるわけでして、年収もやはり低い。

そこを考えるとなかなか借りるも難しい。正直自分が考えていた金額よりも枠が低く、また焦っていたので他社にも手を出す悪循環になったわけです。

 

悪循環です。本当に。なんで他社にまで手を出したのか自分が今になって思いますが、正直わかりません。

③:他社にまでなぜ自分が手を出してしまったわけなのか。→余裕がないことと金額的な余裕が欲しいこととうまく“だまされた”から。

他社に手を出したのは、やはり余裕がないことと金額的な余裕が欲しかったことがあったと思います。

余裕がないことに対して

余裕がないことに対しては、自分の焦る性格が生じたものがあるでしょう。

焦る性格で周りを見ることができなく、その場しのぎその場しのぎというところが自分の中にはあります。

その場でよければすべてよしという感じで、本質的な問題を後回しにしてしまった感はありますね。

逃げることが得意ですが、正直本質的なところから今まで逃げてしまっていた感はあります。

これって結局自分のプライベート・仕事でもまったく一緒にリンクしていると感じています。

 

なんというか素直になれずに本質的なところから逃げてしまうのが、非常に厄介な性格です。26年間も生きていて非常に恥ずかしく感じます。

 

けどそんなこといってもしょうがないので、今後どうするかを考えていこうと思います。

 

   

金銭的な余裕

やはり金銭感覚が麻痺するところはありますね。

お金をまた消費者金融から借りる、借りる、借りる行為をすると、

非常に感覚が麻痺するところがあります。

私としても金銭的な余裕が欲しいがために、キャッシングしてサイフにお金をたくさんをいれてしまってという本当に感覚が麻痺ってしまっていやなものです。

 

お金って怖いですし、お金に支配されるものって怖いですね。

 

うまくだまされたという表現について

うまくだまされたというのも自業自得感はあります。

やはりここまでのリボ払い地獄にはまってしまい、どうしようどうしようという形になってしまいました。

 

『毎月一定で払えますよ』という言葉に一回経験しているのに、また経験をする愚かさを感じます。

 

結局消費者金融でもリボ払いをすることにして、なかなか返済金額が減らないことに対して非常にまた焦りを感じたものです。

 

そして自分自身もいやになってとうとう債務整理を行ったわけです。

 

④:債務整理をするほどなぜ困ったのか?→返済能力がなく、お金に対して計画的な返済ができなかったから。

債務整理をするほどなぜ困ったのか?

返済能力もなく、お金に対して計画的な返済ができなかったのが理由です。

 

返済能力のなさ

毎月の給料に対して、返済金額が合わなくなってきました。

要は借りすぎて、借りすぎて、後先を考えずに目の前の問題と本質的なところをスルーした結果となって、返済ができなくなったと思います。

 

本当になぜあんだけ借りてしまったのか、返済金額を考えていなかったのかいつもなら過去を後悔してもしょうがないのですが、今が正直お金に関してはいっぱいいっぱいなところはあります。

 

ただこれも自分の人生だと思って、毎日は過ごしていますが。

 

 

結果:大枠しか理解できず中身も把握していない。ノリと勢いだけでやるのではなく、もう少し人の話をしっかり考える。そして自分の頭で理解する。

 

全部そうですが、自分の仕事・プライベートの部分もそうですが、

話だけ聞いて自分の頭で理解せず、中身を把握していないところに問題があると思います。

 

まためんどくさくなって、話を聞かないことがたくさんありましたが結局同じ失敗ばかりしてしまった自分がいます。

 

あとは自分がだまされやすいところもあるのかなぁ。

お金にだまされてしまって、20代という人生を正直自分の中で失敗した感じがしました。

 

けど別にいいんです。自分の個性だと感じてこの感じで生きているので。

過去も大事ですが、過去を振り返って反省して、そこから今後どうするかを考えるのかが、大事だと感じていますので、これからの自分の借金を抱えた環境を含めて、生活していこうと思います。

 

 

 

 

合わせて読みたい

 

9000ao1929.hatenablog.jp

 

 

 

9000ao1929.hatenablog.jp