戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

お金の管理ができていない人は危険!?借金をする人の特徴3選

 私自身の経験談を書いてみる。お金の管理ができていない自分。お金があることによって、自分を首を絞めてしまうので、借金をしそうな人はぜひとも参考にしていただきたい。

 

<

 

f:id:ao90001125:20190712194254j:plain

 

 お金が財布に常にないと不安

 

私の場合まさにこれだった。

常に財布の中に1万円以上ないと不安。3万円以上がないと不安だった時があった。

そうなると、

 

財布にお金がないと不安→お金を使う→不安になる→お金をおろして同じ状態に持っていく。

 

このサイクルになってしまっている。

 

となるとトータルにある口座のお金が当然下がってしまう。

そして、お金がなくて罪悪感を感じる。

だからこそ貯金ができない悪癖になってしまうから注意だ。

 

日頃のコンビニの買い物など気にせずに買ってしまう。

お金を使う場合、羽振り関係なく使うものだ。

特に日頃のコンビニの買い物。

 

例えば1回の出費で、500円使うとする。

それが毎月30回やれば15000円だ。

 

『いや、そんな当たり前なこと書くの?』

 

って思うかもしれないが、 そこもやはり意識の問題だろう。

 

その瞬間、その瞬間で気が付けばいいものを購入する瞬間には、

 

気が付かずに思ってしまい購入してから、

 

そして時間がたってから気が付くものだ。

 

過去の自分はそうであったが、その日その日で自分が食べたいものを購入できれば、

 

いいやという感覚になっていたがやはりちょっとの我慢、ちょっとの意識で、

 

お金の部分って変わってくると感じる。

 

俺、お金がないんだよねってていう人。

自分がよく飲み会とかで誘われたときに言ってしまったセリフだ。

 

自分の保身のために守る言葉であるが、よくよく考えてみればお金がない

 

言う場合って相手からすれば、『こいつお金の管理ができていないのか?』

 

と、思われても仕方がないわけで。

 

もとから行きたくない場合であれば、断る文句としてありだが、

 

自分の場合常に常に言ってしまっていたものだから、

 

友人から当たり前かもしれないが『借金しているやつ』といわれたものだ。

 

お金の管理をするための唯一の方法

自分がお金の管理をするための唯一の方法を考えてみた。

 

その結果として、

 

身内や信用できる人間にカードやお金を預けてもらうことだ。

 

 

え、そんなことをしないとでもダメなの?

 

って思われるかもしれないが、自分の場合はそこまでしないと自分がお金を使ってしまうわけだ。

 

それであれば自分の場合、彼女にカードとお金を預けているが、

 

必要最低限の生活でなんとか暮らしていけているものだ。

 

そして少しずつお金もたまりつつあるので、効果としてはありそうだ。

 

ぜひとも参考にしていただければと思う。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村