戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

【SIMロック解除】元販売員がお伝えするスマートフォンのSIMロック解除のおすすめのやりかたとは?

携帯代金って安くしたいという人が最近多いと思いますが、スマートフォンの機種に思いれがあって、なかなか変えにくいということが多いと思います。

そういった中で、今の機種をそのままでSIMカードを変更するだけで安くなりますので、そちらをご紹介します。

 

 

f:id:ao90001125:20190815131442j:plain

 

SIMカードってなに?

スマートフォンiPhoneなどの本体の中に小さいチップが入っているものを皆さんは、見たことはありませんか?

SIMカードは、スマートフォン本体に紐つけされているものでして、

むしろSIMカードを紛失してしまうと通信ができない状況になってしまうので、

電話やインターネット、メールなどなどなにもできない状態になってしまうのです。

それぐらい、重要な役割なのです。

 

 

SIMカードのサイズについて

SIMカードに関しては種類が多岐にわたってあります。

  • 標準カード
  • microSIMカード
  • nanoSIMカード

 

こちらの3種類が今あるSIMカードの種類です。

 

最近のスマートフォンの中では、iPhoneの場合であればnanoSIMカード。

androidの場合でも以前は、microSIMカードが多かったですが、最近はnanoSIMカードが多いです。

 

SIMロックの仕組みについて

SIMロックの仕組みとしては、

大手キャリアが販売している通信端末(例えばdocomoの端末の場合)に対して、

docomoSIMカードしか認識されず、auSoftbankSIMカードを入れても

電話が認識されない状態のことです。

基本的にSIMロックに解除に関しては、SIMロックが解除されていないものが販売していますので、解除の手続きが必要となります。

 

SIMロック解除が必要か不要かを調べる方法

SIMロック解除に関しては基本的には、『解除』するのが安全です。

場合によっては、端末がdocomoのもので回線がdocomo回線の格安SIMによっては、

SIMロック解除が不要なものもあります。

SIMロック解除が必要か不要かに関しては、各格安SIM会社のホームページ等を見ていただいて確認をしていただければ大丈夫です。

 

原則2015年5月以降に発売された機種であれば、SIMロック解除ができる機種となっています。

 

SIMロック解除する方法と手数料について

SIMロック解除に関しては大手キャリアの端末を行う場合であれば、

ショップで行うと3000円(税抜)の手数料が発生します。

 

しかしなんと、0円で行う方法もあります!

 

各会社のポータブルページで行う場合であれば無料、0円で行えます。

 

  • Mydocomo
  • Myau
  • MySoftbank

 

3社のポータブルページで行う場合であれば、本体のシリアル番号にあるIMEIを入力して、ポータブルサイトで入力すると0円で行えます。

インターネット上で行えば、無料で行えるので大変お得です!