戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

【実体験】SoftbankからauにMNPして2台で21万キャッシュバックをもらえた件について。

 私は携帯回線が無駄にありまして、(諸事情によりけり)回線数は4回線持っていますので、料金的は安かったのですがソフトバンクにいるメリットもなくなったので、今回auに乗り換えした内容を書いてみようと思います。

   

 

f:id:ao90001125:20190617193518j:plain

 なぜ乗り換えをしたのか?

 ワイモバイルに乗り換えした記事はこの場で何本も書きましたが、私自身眠らせていたSoftbank回線がそろそろ2年たつので、乗り換えを決意しました。

 

運よくそのSoftbankの2回線は、なんと今ではできない端末の割引(月月割)が入っっていたので、2年間の維持費が異常なぐらい安かった。

なんと2台で、2500円(異常な安さ。)

 

非常に安かったのだが、ただSoftbankにいるメリットがないと感じたのと、

10月に電気通信事業法がかわり解約金が1000円に代わる代わりに、端末値引きが20000円と割引額が異常なぐらい(このよう表現がいいわけではないが)下がること。

そして消費税増税される影響もあるので、そういった意味も含めて受けられる特典を受けていこうと思いauショップに出向きました。

 

改正電気通信事業法は10月1日施行 関連省令とガイドラインも同日施行へ - ITmedia Mobile

https://wowma.jp/?aff_id=vcn 

相対はとらずにショップ1本で

元々仕組みは自分も7月まで働いていた人間だったので、仕組みを理解している。

なので、乗り換えをする際に家電量販店がいいのかショップがいいのかを考えて、自分にとってメリットがある方向で考えてみました。

 

なぜショップに行ったのかと言いますと、知り合いがそこで乗り換えをしたということです。

 

SBからauでどれぐらいのキャッシュバックがもらえるのか、異常に気になったのでショップに行ってみました。

 

乗り換え(MNP)は、携帯キャリアにとっては異常なぐらい嬉しいもの。

そのための特典も欲しいとは思うので、そこをさじ加減気味に聞いてみました。

 

 

Softbank回線が4回線あることを伝えたら驚かれた

Softbank回線が4回線ある私。とりあえず今回は、2回線変えることを決意した。

理由はこの2機種は、機種代金が残っていないため。2回線ともに解約金がかかることは、承知の上だがそれ以上に計算してキャッシュバックが上回ればいいものです。

 

私が行ったショップ定員さんの対応が異常なぐらい雰囲気がよく、本当によかったものです。

 

端的に言うと、SIMカードとiPhone8の256GBに関しては、2台で21万円キャッシュバックという結果になりました。

 

 

 

2台で21万円って。。。。。。。。

 

 

50ギガのソフトバンクから、昔ながらの最小プランにPocketwifiをつけて維持する結果にしました。

 

大丈夫かau?と、感じてしまいました。。。

 

 

内容としては、

  • プランはピタットプラン
  • オプションとしては、auスマートパスとapplecareを付けることが条件。
  • それ以外の無駄なオプションがない
  • 48回割賦、アップグレードEXが条件。

 

これが条件です。

Softbankの時に関しては、私も販売していた人間だったのでキャッシュバックの条件に関しては、いろいろとあるわけだが正直auの方が緩く感じたものです。

 

私は、21万円のキャッシュバックに関しては全額キャッシュバックを視野に入れましたが、端末値引きを最大に入れました。

 

1台あたり10万円のところ、3万円キャッシュバック、7万円端末値引きにいれることにして、なんとぎりぎりまでいれると機種代金がなんと80000円の機種代金が、値引きで5040円までさがるのです。。。。

 

105円の月月の分割になるので、それであればと思い翌月一括払いで清算することにしました。

 

そうするとなんと維持費が2台ともソフトバンクの時と比べて、500円は高くなりますが許容範囲内ですね。

 

元販売員として私自身もよくからくりがわかる

販売員として私もわかるのだが、何かと条件をつけるのはわかるます。

うまい話には裏があるわけなので、私自身もそこは理解しています。

ただ、変にSoftbankと比べて無駄にオプションのごり押しや副商材のごり押しも(これはたまたまかもしれないが)なく非常によいものですね。

 

 

Softbankauの特典のちがいが明確すぎる。

Softbankauのキャッシュバックの条件の違い明確に違いすぎますね。

 

Softbankの条件の場合

  • ・ウルトラギガモンスタープラスを1年以上継続
  • ・ミニモンスターに変更の場合は1年以内の場合違約金がかかる。
  • ・端末の保険、通話オプション、端末のセキュリティが条件
  • ・48回割賦、半額サポートも条件。

https://wowma.jp/category/361715?aff_id=vco 

auの条件の場合

  • ・ピタットプランでもよい(1ギガ以内の小容量で利用した分に応じて料金があがるプラン。)
  • applecareauスマートパスが条件(たまたまかも?)
  • 48回割賦、アップグレードEXが条件。

 

この条件という面では、断然auの方が楽である。

 

   

まとめ

 10月に電気通信事業法により端末値引き等も含めて、変更があるので本当に9月までが特典という意味でも本当にチャンスである。

 

私の場合は、異常なぐらい運がよかったかもしれないがお乗り換えを考えている方は、9月までに変えたほうが特典としてもよいだろう。