戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

【いい買い物日】今年のいい買い物日はPayPay推しで行く形になるのか?

 今年も明日から始まります、いい買い物日。例年11月1日から11月11日まで行っており、毎年このシーズンに行われているフェアであります。今回は、いい買い物日の今年の概要をご紹介します。

   

 

そもそもいい買い物の日とは?

 ソフトバンク・ワイモバイルの販売員を行っている私からすれば、例年このシーズンに行われる『いい買い物日』というキャンペーンがあります。

 

そもそもいい買い物日って何?と思う方が多いはずです。

f:id:ao90001125:20191031153639p:plain

出典元:https://www.softbank.jp/kaimono/

 

中国では「11月11日」は「独身の日」。「1」が並ぶ日付を独身者が並ぶ様子に見立てて、未婚者が自分のために買い物をする日として定着している。今年の「独身の日」商戦では、ネット通販最大手のアリババ集団が1日で売上912億元(約1兆7000億円)を達成。昨年の記録の60%増を記録した。

アリババ集団によると、最初の1時間の売り上げは39億ドル(約4800億円)で昨年の倍近いペースだった。24時間で終わる特売の開始から10時間で、売り上げは78億6000万ドルに達し、昨年の93億ドルの記録を上回る勢いという。

一方でアメリカのネット特売の日は11月9日で、アナリストのコムスコアによると、売り上げは13億5000万ドルだったという

引用元:https://www.bbc.com/japanese/34784513

 

 

元々は、中国から取り入れた「いい買い物日」

それを2015年ソフトバンクが取り入れて、1年で一番お買い得にお買い物をしましょうという形になっています。

 

今年の特典はやはりPayPay?

「ただ買い物するだけではなく、1年で1番お買い得に買い物しましょう」ということで、特典に関しても、このシーズンにとって1番お買い得なものになっています。

 

ただ今年は、完全にPayPay推しとなっています。

 

ソフトバンク、ワイモバイル契約でPayPayボーナスを進呈

ソフトバンク、ワイモバイルを期間中に契約をすれば3000円分のPayPayボーナスが付与されます。

条件は以下の通りになります。

 

 

 

また同様にソフトバンク光、ソフトバンクair契約でも3000円分のPayPayボーナスが付与されます。

こちらに関しては、月額料金から1000円×3か月間の割引でも可能です。

 

 

これを使えば、仮にワイモバイル、もしくはソフトバンクで4回線を契約して、そのうえでインターネットをSoftbank光を契約すれば、PayPayボーナスライトが15000円分まで付与されます。

 

現状端末値引きの最大金額が2万円まで下がった中で、この特典はいい買い物日さながらですね。

 

 

11月11日限定で最大20%還元されるヤフーショッピング!

また11月11日限定ではありますが、購入金額の20%が還元されるヤフーショッピングも最大の施策ですね。20%の内訳は以下の通りになります。

 

  •  PayPayボーナスライト18%
  • PayPayボーナス1%
  • Tポイント1%

もうこれもPayPay推しですね。18%も還元されるとなると、やはりまたPayPayを利用して購入したいと考えたくなるものです。

しかも期間固定であるので、そこを考えると『また使わないといけない』ということになりますね。

 

毎年ならスマホなどで特典があるはずだが・・・・

毎年毎年なのですが、『いい買い物日』の場合だと以前までは、スマホや固定回線の利用料金の割引がメインでした。

 

例えば昨年の場合だと、発売されたばかりのGooglePixel3がなんと通信料金から11,111円割引でした。

 

またワイモバイルのAndoroidoneS3が、一括11,111円の割引。それ以外にもソフトバンクの『おうちのでんき』が1,111円×3か月間などなど、正直去年と比べると特典の価値がなくなったのかなぁと感じています。

 

けど今年10月からの電気通信事業法改定による影響もあるので、致し方ない部分ではありますが・・・・

 まとめ

今年の『いい買い物日』の特典内容をご紹介しました。

電気通信事業法が改定された中で、機種代金の値引きが2万円までと上限が決まってしまった現状、携帯の機種以外のところでの特典を提供する形になりそうです。

 

以前のキャッシュバック戦争を考えてしまうと、消費者側としては携帯を変えるメリット、乗り換えるメリットは、あまりうまみを感じられないものになります。

 

その中で、キャッシュレスを謳っているこの現代からすれば、スマホの中に『お財布』が入っている感覚でPayPayを利用するのはいかがでしょうか?