戦略的日記

元携帯販売員による3年間の議事録。販売員視点から感じたことを発していきます。また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

【格安スマホ】格安スマホの機種の性能はどんなものがあるのか?

 格安スマホという言葉を聞いて、料金が安くしたいけどなかなか実態はどういうものなのかと悩まれる方が多いと思います。

私も実際に“格安SIM”には、変更しましたが“格安スマホ”の機種には、変えていません。そこで今回は、格安スマホの実態についてご紹介します。

 

 

f:id:ao90001125:20191203082311j:plain

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/iphone6plus-%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84-538898/

 

   

 格安スマホの機種の値段は具体的にどのぐらいなの?

正直値段に関しては、ピンキリなところがあります。

初心者が利用するものであれば、1万円以内から3万円以内で購入することができます。

普通に利用するレベルであれば、3万から5万円以内ぐらい、

そしてハイスペックと言われるものであれば、6万円以上が目安となっています。

 

格安スマホの機種は、大手キャリアの機種と比べて有名ブランドでは、ないところが多いのが現状です。

 

XperiaAQUOSiPhoneGoogleなど大手キャリアでは、有名なブランドが多いですが、

格安スマホの機種だと、HUAWEIOPPO富士通のArrowsなど機種ブランドが、あまり知られていないものが多いものです。

 

特に格安スマホの機種として、HUAWEIの機種が本当に多いものです。HUAWEI商品は、初心者向けのものもあれば、ハイスペックなものもあるので、幅広いものです。

 

個人的におススメな格安スマホで取り扱いがある機種

個人的におすすめな機種としては、「HUAWEI P30」です。

 

私自身も実際に利用しているスマートフォンではありますが、まずすごいのがカメラ。

RAM6GB、ROM128GBのスマートフォンで、ゲームなどを利用する際には、

すごく個人的にサクサクと動くので非常に安心して利用できます。

 

またカメラに関しても広角で4000万画素、インカメラが3200万画素もあり、写真を撮るうえでは全然問題なく利用できます。

 

値段は少々高めの7万円ぐらいですが、長く利用するうえでは買う価値があるかと思います。

 

 

RAM2GB、ROM16GBのスマートフォンであれば、機種自体も2万円前後で購入することができます。 

 

格安スマホの機種でLINEやゲームはできるの?

格安スマホと言われると、機種の性能が劣る可能性があるかもしれません。

ただ機種を利用する分には、LINEやゲームもできるものが多いので安心してください。

 

機種の選ぶ機種として、(あくまで個人的な感想ではありますが)

RAM(スマートフォンでいう脳みそ的な部分)が、3GB以上

ROM(スマートフォン本体に入れられるアプリの量)が、32GB以上あれば

問題なく利用できるかと思います。

 

使う上でこちらの機種を軸として、選んでもらえればいいのかと思います。